連続テレビ小説(NHKの朝ドラ)「おひさま」特設応援サイト!!

安曇野すまいるは 連続テレビ小説(NHKの朝ドラ)「おひさま」の舞台、信州そばでも有名な信州安曇野が地元色満載で応援するサイトです。

  • ホーム
  • 新着情報
  • トピックス
  • 行ってみましょ!

NHK朝ドラ「おひさま」の舞台 信州・安曇野

新着情報

そばの種 まきました!11.05.27

おひさまロケ地の代表的なスポットである「道祖神と水車小屋」。その北側の畑に、そばの種をまきました。開花は6月下旬から7月上旬になる見込み。白く連なる可憐なそばの花が、畑いっぱいに広がる日を夢見て・・・。

新たな「わさび味」11.05.26


 北アルプスを源流とし、真夏でも15度を超えることのない安曇野の湧き水。この清冽な水がはぐくんだ安曇野産ワサビは、生産量日本一を誇ります。ドラマの中でも斉藤由貴さん演ずる原口房子が「ワサビ漬け」を食卓に並べるシーンも登場しました。
 おひさま推進協議会ではワサビを活用した新メニューの発表会を5月23日に開催しました。開発を手伝ってくれたのは、松本大学健康栄養学科の学生の皆さん。特製のワサビソースを使った「ローストビーフ」、ワサビとナガイモを使った「ビシソワース」、わさびの清涼感を活かした「冷製パスタ」などのメニューを提案しました。
 まさに名脇役であるワサビ。商品化されるかは未定ですが、さまざまな可能性があることがあることを示してくれました。
 

「蜂の子」ってどんな味?11.05.22

 金曜日の放送(5月19日)では、陽子先生に「蜂の子」が振舞われる場面が登場しました。蜂の子がどんな味か、気になる皆さんもいらっしゃるかと思います。

 最近は、安曇野でも食べる機会が少なくなったような気がしますが、まだまだ根強いファンも多くいます。油としょうゆで甘辛く炒りつけるのがポピュラーな食べ方で、この他にも、地蜂(スガレ)を飯に炊き込んだスガレ飯などが有名です。昔、スガレ飯は、秋祭りのころの最高のごちそうだったと聞いたことがあります。

 さて、本題の「味」ですが、7歳になったわが子は「ポップコーンみたいな味」と評しておりました。確かに甘みがあってコクのある味わいです。カラカラと煎られているので香ばしさもあります。お土産屋さんで売られている蜂の子は、わが家で食べるものよりも濃い目の味付けで、食べやすく調理されています。

 今も昔も大切な食材である蜂の子。陽子先生のように心していただきたい一品です。

サーバーのトラブル復旧のお知らせとお詫び11.05.21

5/19(木)のお昼頃~5/20(金)19時頃、当サイトと安曇野市観光協会HPが、閲覧数の急増にサーバーが対応できなくなったため、正常にアクセスできなくなりました。
急遽、新しいサーバーへの移行を行い、復旧いたしました。
その間にアクセス頂いた方には、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。

おひさまロケ地に咲く野花11.05.18

続きを読む

サクラ咲く!?11.05.16

 おひさまのロケセットのひとつ「道祖神と水車小屋」。撮影のため、このセットの近くに植えられたサクラがあります。新芽が芽吹き、5月13日現在で薄桜色の花びらがわずかに見られました。これからの生長が楽しみです。

雪形くっきり11.05.15

 安曇野から見える山々のシンボル的な存在「常念岳」。ドラマにおいても、ヒロインたちの成長を静かに見届けているかのようです。春から初夏にかけ、常念岳などの山並みに「雪形」が現れます。
続きを読む

駐車場にご注意ください~道祖神とかやぶき小屋~11.05.14

ドラマにたびたび登場する道祖神とかやぶき小屋。第2回放送に登場した道祖神祭りの風景、第23回の兄弟3人がおにぎりを食べる場面に登場するなど、おひさまロケ地の代表的なスポットです。セットは現在(5月14日)も残っていて、ドラマの雰囲気が味わえます。すまいるめぐり左上の「道祖神・水車小屋」が目的地となります。
続きを読む

東京タワーで「おひさま」パネル展11.05.09

この大型連休中、多くの皆さんが安曇野にお越しになりました。3日からは晴天に恵まれ、道祖神や小さな店がたたずむ道筋を散策する方、親子で音楽イベントに訪れた方、温泉でゆっくりと疲れを癒されている方など、思い思いの春を楽しんでいる様子でした。

さて、「おひさま」を紹介するパネル展が5月12日(木)まで、東京タワー3階で開かれています。安曇野ロケの様子のほか、出演者直筆のサインも展示されています。詳細はこちらをご覧ください。

りんごの花の 見ごろそろそろ11.05.06

安曇野といえばりんご? りんごの白い花の見ごろがそろそろです!

この花、本当に可愛いです。
花のあとには小さなりんごの赤ちゃんができてきます。

安曇野は日中の気温が高くても朝、晩が涼しく過ごしやすい気候なのです。
この一日の寒暖の差の大きさが蜜の入った美味しいりんごを育てます。
秋の収穫が楽しみですね。

安曇野インフォメーション

  • 安曇野の天気
  • 全国からのアクセス
  • 安曇野周辺マップ
  • 安曇野の交通手段
  • おすすめ レンタサイクルで安曇野を周遊 詳しくはこちら
  • 安曇野市ホームページ

おでかけ便利サイト

  • JR東日本 長野支社
  • 長野県観光ガイドタクシー
  • フジドリームエアラインズ